TOP > 弁護士に自己破産を相談するべき人について

弁護士に自己破産を相談するべき人について

借金を抱えている人は、早めに弁護士に相談することで解決を図ることができます。

弁護士に相談して行える手続きの1つとして自己破産がありますが、自己破産はメリットだけではなく、デメリットも大きい方法となりますので、どのような人に向いているのか把握しておいたほうが良いと言えます。自己破産をするべき人には、支払い不能の状況にある人が挙げられます。

現状において返済できない状態であることだけではなく、将来にわたって返済が困難であると判断できる人の場合には、物理的に返済を継続したとしてもいずれは破たんしてしまうと予想できます。


そのような状態であれば、返済を継続しても問題は解決しませんので、自己破産について検討したほうが良いことになります。
自己破産以外の債務整理についても、弁護士に相談すれば手続きを開始することは可能です。

人には聞けない珍しい法律の相談について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

ただし、その他の債務整理は借金額を減額して、残った債務に対して返済をしていく種類のものとなります。

従って、残された債務を返済していく能力を有している必要がありますので、継続的な収入を得ていることが手続きを成立させるための条件となります。



継続的な収入を得ていない人は、抱えている借金問題を解決するためには自己破産を検討するべき人に該当します。
自己破産は全ての債務を免責できる手続きですので、残される債務は存在しませんので、収入を得ていない人でも成立させることが可能です。



自己破産には免責不許可事由も存在しているために、債務者にとって自己破産が良い方法となるのかについて、弁護士に事前に相談しておいて判断してもらうことがおすすめです。