フィリピン留学について

img-1

フィリピンへの語学留学は、とても人気が高いです。


なぜかといいますと、1番の理由はコストパフォーマンスの良さです。なんといっても、1ヶ月の授業料が相場で約10万円くらいと、とても安いです。
ほかの国では、だいたい20万円前後はしますので、かなりの違いになります。

また、フィリピンでは、マンツーマンレッスンをたくさんしてくれるのも魅力です。

日本人は周りの目を気にしたりする人が多いので、教室で皆で授業するよりも、マンツーマンでやった方が英語も身につきやすいし集中してできます。


アメリカなどは、基本的にグループレッスンのみになります。

もし、マンツーマンレッスンをしたければ、追加で料金を払わなければいけない場合がほとんどです。


マンツーマンレッスンは、人件費が安いフィリピンだからこそできる英語留学になります。

フィリピンは日本から近いというのも魅力の1つです。
飛行機で5時間かからずに行ける距離ですので、もちろん飛行機代も安くなってきます。

また、時差もほとんどないので、時差ボケすることもなく身体への負担もあまりないです。


留学ビザの手続きが簡単なこともメリットにあげられます。
飛行機で到着後、入国審査を受ける時に無料でビザを取得することができます。事前にビザを取る必要がない分、他の準備に手が回せるのでとても助かります。
ビザの滞在期間は30日間になっているのですが、延長の手続きを留学した学校の人が行ってくれるので、面倒な手間をかけずに済むので安心です。
フィリピン留学が日本人から注目を集めている最大の理由は、その安さです。


個人差はありますが、1ヶ月15万程度あれば、学費も生活費もカバーできると言われています。


ポイントを押さえれば、さらにお得にフィリピン留学をすることができます。

留学費用の内、最も大きな出費は学費です。


学費が安い学校を選べば、それだけ費用を削減できるという訳です。

現地には様々な地域に学校が存在しますが、場所によって必要な費用は変わってきます。現地で最も学費が高いと言われているのが、大都市であるマニラと人気リゾート地であるセブです。

タバオやバコロドといった地方都市の学校を選択すれば、同じようなカルキュラムでも学費が2割ほど安くなります。

また、滞在先は学校の寮が一般的ですが、1人部屋を選ぶよりも2人部屋、3人部屋を選んだ方が費用を安く抑えることができます。
地方都市であれば、2人部屋の費用でも1人部屋を借りることができる場合があるので、予算が足りないけどどうしても1人部屋にしたいという場合は、地方の学校を選ぶといいでしょう。


フィリピン留学で学費の次に出費がかさむのが、飛行機代です。直行便は便利ですがどうしても高くなるので、ソウルや上海などを経由した方が安くなります。


格安航空会社を利用すればさらに安く現地に行くことができるので、体力がある場合はこうした航空会社を利用するという手もあります。


費用を上手く抑えて、リーズナブルにフィリピン留学を満喫しましょう。

オリジナリティに富む厨房排気に関して最新情報を教えます。

お勧めの杉並区の不用品回収のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

大阪のゴミ屋敷の関連情報がご覧になれます。

港区の不用品回収情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

目黒区の不用品回収が一般的になってきました。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0911/7864413098/cin_cin_240568_jpg.html

https://matome.naver.jp/odai/2145671080593020601

http://m3q.jp/t/3058?offset=16&page=3

関連リンク

img-2
フィリピン留学はかなりお得とのことです

フィリピン留学を選ぶ人が、近年かなり増えてきていると言われています。一般的にフィリピンというとかなり治安が悪いというイメージがあるとみなされがちですが、それはもう過去のことと言われています。...

more
img-2
低予算で語学留学するならフィリピンがオススメ

英語を学ぶために海外へ留学しようと考えている方で、予算があまりない方には、フィリピンへ語学留学することがオススメです。アメリカやカナダ、そしてイギリス、オーストラリアやニュージーランドだけしかないと思っている方も多いです。...

more
top