留学先に選ばれるフィリピン

img-1

フィリピンを留学先として選択する人も多いといわれています。日本との関係も良好であるとして、しられるフィリピンは、多くの人が日本にあこがれているとされ、来日する人の数も多くなっています。

両国の経済力を比較した場合には、日本の方が格段に勝っているのは事実ですが、ありとあらゆる面を考慮した場合に、良好な関係性を保つことが、両国にとって大きなプラスといえるのです。日本人の多くが、留学によって、外国語の習得や外国の歴史や文化、伝統を学ぶということが多くなってきています。

フィリピンのほかにも、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなどと留学先は多岐にわたります。

一般的には、若い世代の人が多く、その後の人生において、大きくプラスになったという感想を持つ人が多いようです。

むろん、留学するには、資金が必要であることはいうまでもありません。
基本的には、その両親などの協力を得て行うことになります。


しかしながら、経済的に負担をすることができない場合については、奨学金制度を利用するなどして、実行するケースも多くあります。フィリピンについては、他の国と比較した場合、リーズナブルな金額に抑制することができるといわれています。
現地での生活については、日本と比較した場合、治安の悪さや衛生管理の不安などが指摘されるケースが多くありますので、事前の準備や心構えが必要といえます。
帰国後には、流暢な英語を話すためにも、現地での頑張りが期待されます。

フィリピン留学を考えている人に知っておいてほしいことは、フィリピン英語には訛りがあるという点です。現地では小学校から英語で授業が行われ、英語は公用語として認められていますが、現地の人たちにとっては母国語ではありません。

普段はタガログ語やゼブアノ語といった現地語が使われることがほとんどで、ネイティブスピーカーの人はほぼいないといってもいいでしょう。


生まれてからずっと現地語で話してきたことが影響し、彼らの英語には現地の訛りがあります。
語学学校などの教師にも同じことが言えますが、もちろん中にはネイティブ並みの英語を話す教師もいますし、日本人には分からない程度の訛りしかない教師も存在します。


多少なりとも訛りがあるのは間違いないことなので、学んでいく内に訛りがうつってしまうのではと心配する人も多いと思います。しかし、数週間から数ヶ月程度の留学では、よほどセンスがある人以外は訛りを身につけることは不可能と言っていいでしょう。

英語は母国語の影響を受けるので、日本人が英語を学んだ場合は日本訛りの英語になります。


どこで学ぶかは大きな問題ではなく、国籍の違いで鈍りが出るのは当然のことなのです。


万が一フィリピンの訛りがうつったとしても、それで英語が通じなくなるということはありません。
英語圏の代表国であるアメリカでも地域によって訛りがありますが、それによって会話が成り立たなくなるということは有り得ません。多少訛りがあっても英語は通じるのです。こうしたことから、フィリピン英語の訛りを心配する必要はないということが分かったと思います。リーズナブルに留学したいのであれば、ぜひフィリピンを検討してみてください。







大阪のゴミ屋敷についての総合情報ポータルサイトです。

人気のある横浜の便利屋情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。



http://news.livedoor.com/article/detail/12073788/

http://okwave.jp/searchkeyword/%E5%9B%9E%E5%8F%8E%20%E6%9C%AA%E5%88%86%E5%88%A5%E3%82%B4%E3%83%9F/

関連リンク

img-2
フィリピン留学はかなりお得とのことです

フィリピン留学を選ぶ人が、近年かなり増えてきていると言われています。一般的にフィリピンというとかなり治安が悪いというイメージがあるとみなされがちですが、それはもう過去のことと言われています。...

more
img-2
低予算で語学留学するならフィリピンがオススメ

英語を学ぶために海外へ留学しようと考えている方で、予算があまりない方には、フィリピンへ語学留学することがオススメです。アメリカやカナダ、そしてイギリス、オーストラリアやニュージーランドだけしかないと思っている方も多いです。...

more
top